便秘のときに最適な薬とは|確実に痩せるなら置き換えダイエットが断トツ

便秘のときに最適な薬とは

錠剤

種類別で求められる理由

便秘薬にはいろいろな種類があり、ドラッグストアなどで気軽に購入できるようになっています。しかし、その種類や効果を正しく把握していなければ、辛い症状や便秘が改善されない事態にもなりかねません。便秘薬の実態と、どういう便秘薬が人気があるのかを理解しておくようにしましょう。便秘薬には、大きく分けて下剤と整腸剤があります。下剤はひどい便秘のときに役立つ効果があり、即効性が強いのでお腹に溜まった便を強制的に排出させていきます。数日間も便秘が続いている人には、このようなタイプが人気があります。そして整腸剤では、強制的な効果はなく即効性もありません。しかし、副作用もないために自然な便意を感じることができるため、軽度の便秘の人には人気です。その人気の秘密は便秘の状態にもよるので、自分に合ったものを選んでいくと満足感も違ってきます。

効果と危険性

最近の人気のある便秘薬には、副作用の少ない整腸剤が注目されつつあります。副作用がない点が一番大きな理由ですが、体にとってもいい影響をもたらしてくれる理由もあります。整腸剤には乳酸菌などの腸の働きを促す成分が含まれており、普段から取ることで快適な排便が習慣になる可能性もあります。反対に下剤では便秘がなかなか改善されない場合に適していますが、使い続けると効き目がなくなってくるおそれがあります。腸が働かなくても薬の作用で強制的に促されるので、腸の機能が正常に働かなくなる可能性があるからです。しかし、最近ではこの下剤でも副作用の少ないタイプが販売されるようになってきました。このようなタイプも人気が広がりつつあるので、副作用の有無を事前に確認しておくと安心です。便秘薬の種類が分からなかったり、効果をもっとよく知りたい場合は、店頭の薬剤師に直接聞いてみるのがおすすめです。